借金の最近の記事

現代は、キャッシングなど気軽に借金できる時代です。
専業主婦など収入のない人でも借りれるそうです。

そんなに簡単に借りれるところって闇金?と
思われがちですがそんなことはありません。
闇金というのは審査がないところだそうです。
審査不要のキャッシングに闇金なの?』を参照。

ですから、借金せずに生きることなどできないと思ってしまいがちです。
しかし、その「できない」というのは思い込みです。
以下の点に気を付けることで、借金せずとも生きることは可能です。

まず、「すぐ記憶から消えてしまう物は買わない」。
数日で忘れてしまうような物やサービスには、
お金を払ってはいけません。
お金を払うべきは、最低限の衣食住に絞るべきです。

二つ目は、「使ったお金をチェックする」。
買った物を忘れてしまうと、無駄遣いはなくなりません。
それを防ぐには、銀行の口座やレシートを見て、
何を買ったのかを確認するようにしましょう。

三つ目は、「外食をしない」。
ファミレスやファストフードの食事は、
健康面ではマイナスなうえに値段も高めですし、
大して時間の節約にもつながりません。
あらかじめ食事の時間がないと分かっているなら、
サンドイッチなどを持参するようにしましょう。

四つ目は、「図書館を利用する」。
図書館には本だけでなく、映画のDVDもあります。
そして、それらは無料で楽しむことができます。
ですから、読みたい本や見たい映画がある時は、
まず図書館を覗いてみるようにしましょう。

お金が必要で借金までしなくてはいけないと考えている時には、
とにかく借りる事を優先しがちです。

その時は借り入れが出来て何とかほっと一息つくことが出来たとしても、
その後には返済をしていかなくてはいけないのです。
1万円などの小額であれば比較的すぐに返すことが出来ますが、
大きな金額となると返済期間も長くなりがちです。

この返済期間も長いと毎月の支払いが少なくなるから楽でいいと思いがちですが、
実はそうではありません。

借りる時に気にしているかどうかは分かりませんが、
長く借りれば借りるほど金利が重くのしかかってくるのです。
返済の期間が短くなれば、支払う利息はその分だけ少なくなります。

自分が使ってもいない金額ですが、
借りた以上利息は払わなくてはいけないものです。
その為、少しでも支払う金利を少なくしたいと思うのであれば、
繰上げ返済をこまめに行ったり、
または一括返済なども行っていくことで軽減されていきます。

借りる時には分割回数はなるべく少なくし、
リボ払いを利用するのであればなるべく早く返せるように金額も調整しましょう。

または、リボ払いなどはやめて違う支払い方法を選択するようにして、
早めに返済を済ませるように工夫していきましょう。

お金を借りるときの注意点を幾つか上げましたが、
返済以外にも在籍確認が心配という人もいるかもしれません。
ですがこの在籍確認は返済能力があるかどうか見極めるために必要なことです。
詳細はお金を借りるときの注意点に記載されていますので参考にして下さい。

複数の借金に悩んでいる多重債務の方は、
おまとめローンを利用すれば効率よく返すことができます。

複数ローンに悩んでいるならば、借入先を減らしていけばいいのです。
多重債務を解消して借入先が1件になっても、
借りたお金が減るわけではありません。

しかし、低金利のおまとめローンで一本にすれば、利息を抑えることは可能です。
借金は借りたお金にプラスして、利息を返済していく必要があります。
利息を減らすことができれば、結果として総支払い額を減額できるわけです。

借入先が増えてくると、各社の利用状況の管理が困難になります。
A社の借入額がいくらで、いつごろ完済できるか、
といった利用状況を把握できなくなりますし、
返済日遅れのリスクも増えてきます。

全社に返済したと思っていても、
1社だけ忘れてしまうことは実際によくあることです。

多重債務の状態は精神的にもよくありません。
借入先が多いと、実際の借入額以上の精神的プレッシャーを感じるものです。
多重債務に陥ると、借入額が少なくとも返済不能に陥りやすいのです。

借入額が同額ならば、借入件数に比例して返済は大変になるわけです。
無理なく返済をするためにも、多重債務の状態はおまとめローンで早期解消しましょう。"

多くの方が金銭的に困窮している場合が多いです。
自分の資産は自分自自身で構築して守っていく必要があります。
日々の大変な仕事の中で構築した財産ですので、
是非、大切に使っていきたいものです。

当然、毎月の収入に見合った生活を行うべきですが、
急な出費やトラブルに遭遇する事は人生において沢山あります。
そのような時にどうしても必要な場合には
借り入れを行う等の措置を取る事も十分ありえます。

しかし、よほどの事がなければ借金となる事は少ないのが
普通の金銭感覚を持った人間です。

多額の借金を抱えるにはやはりそれなりの理由があります。

casino.jpg


借金の原因でやはり一番多いのはギャンブル等の射幸的行為が原因となります。
ギャンブルは時に簡単に多くの現金が簡単に入手できるので、
どなたでも一度勝ってしまうと簡単に抜け出せないのが現状です。

ギャンブルと言っても広義には投資等の損失も含まれます。
一度そのスパイラルに嵌ると中々抜け出せないのが現実ですので、
現在ギャンブルで多額の債務を抱えてしまった方は専門家に早急に相談するべきです。

場合によっては自己破産等となる事もありますが、
ギャンブル等の射幸的行為は免責の対象とならないので十分な注意が必要です。